×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE『マスコミ就職』。業界内部への潜り込み方と年収を明かす・・。マスコミ志願者は求人募集情報を見る前に必読!

マスコミ就職・業界への潜り込み方! マスコミ就職希望者・業界内部に潜り込みたい人必見!求人募集を見る前に!
   リクナビNEXT
   マスコミ就職目指すなら
    まずはエントリー
テレビ業界 マスコミ就職・年収大公開

  ラジオプロデューサー』とは?広報求人募集を見る前に必読

 ラジオプロデューサーとはラジオ番組制作における総責任者でトップに君臨する。

 ラジオプロデューサーとしての仕事はやはりテレビ番組制作同様に、予算とスケジュール管理がメイン。それから番組立ち上げ時の制作スタッフやパーソナリティー(DJ)の選定や番組のコンセプトを決定することも重要な仕事になってくる。

 ラジオ番組では制作スタッフの人数はかなり少ない少数精鋭で作り上げていく。テレビ番組制作の現場を知っている人からしたら、かなりビックリするかもしれない。

 そんなラジオ番組制作では、パーソナリティー(DJ)のしゃべりや個性が命で、ペーソナリティーありきで番組が立ち上げられることが多いのでラジオプロデューサーに求められる仕事も限定的になってくる。

 そのため番組の命とも言うべきパーソナリティー選定能力や、面白いところを最大限に引き出せる観察眼に加えて幅広いコネやコミュニケーション能力は必須だ。


  『ラジオプロデューサー』になるためには?

 ラジオ番組はおもにラジオの放送局制作の番組と、番組制作会社主導の制作番組がある。そのためラジオプロデューサーになるためには、放送局に入社するか番組制作会社に入社して経験を積む必要があります。

 ラジオ放送局入社を目指すなら、4年生大学卒業が必須条件となり人気も高いので競争率はかなり高い。しかし番組制作会社への入社は放送局に比べると比較的容易。

 番組制作会社にADとして潜り込んだり、アルバイトとして採用されて雑用をこなしていくうちに社員として正式に採用されると言うパターンもある。その後正式な社員となれば、あとは着実に経験をつんでいけばプロデューサーへの道も見えてくるかもしれない。

 私の知人は制作会社のアルバイトをしていた。出前の注文や雑用をこなしているときに、ふいに人手が足りないからちょっと打ち合わせに参加してみる?といわれその後ハガキ職人になり構成作家になったやつがいる。

 とにかく入り口はどんなところからでも構わないからまずは潜り込むことが重要かもしれない。ちょっとした能力と運があればその後の道は開けるでしょう!


  『ラジオプロデューサー』の年収

  年収
  『1000万円程度』 (出生すると)



 --どうすればマスコミに就職できるか?編集人が選ぶマスコミ系求人充実サイト--

  ■マスコミ就職・転職を目指すなら、エントリーしておけば断然有利な「リクナビNEXT」を利用するといいです。求人案件の数が断然多いから一番オススメです!

  □自分で求人に応募するより確実なのは、転職コンサルタントサービスを利用すること。今CMで話題のリクルートエージェントなら無料でプロのコンサルタントが日程調整や条件交渉、就職までをサポートしてくれるので一番良いところへ転職し易いです。

  また、マスコミ・クリエイティブ系の求人が豊富なのが、非公開求人が魅力の転職の新サービス【DODA】です。多くのサイトを利用し、エントリーしておくだけでも、スカウトされる可能性が高くなるほか、いい条件の情報を見つけることができるはずです。

  派遣、とりわけマスコミ派遣で探す場合は、リクナビ派遣マスコミが業界トップの情報量!

  マスコミアルバイトなら、有名サイトのWeb anたちよみフロム・エーが充実しています。他には就職関連の求人もあります。


  『私のおすすめ』
 自分で探すなら⇒ リクナビNEXT サポート・好条件なら⇒ リクルートエージェント

 
マスコミ就職・フリーランス年収公開
プロデューサー
AP
ディレクター
AD
カメラマン
放送作家
リサーチャー
編成
広報
タイムキーパー
技術
音声
デスク
美術
大道具・小道具
衣装・メイク
車両
マスコミ就職リンク

リクナビNEXT
リクルートエージェント
リクナビ派遣マスコミ
転職のDODA
Web an
フロム・エー



ラジオ業界
プロデューサー
ディレクター
AD
構成作家
DJ
ミキサー
編成
選曲
広報
マスコミ就職
PR


マスコミ就職ページの上へ
copyright2006  『マスコミ就職』 All right reserved.